Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年が明けてから・・・

年が明けてから母の調子が急降下しました。
12月31日までは手を貸せば自分でトイレに行けたのに年が明けてからは抱きかかえるようにしてトイレに行く状態。しかも一度ですんなり行けることはなく途中で座り込んでしまったり、ぺたっとうつぶせに倒れこんでしまったり。。
そして1月2日の昼ごろからろれつがまわらなくなりました。

1月4日の看護師さんの今年初の訪問の時に今の状態では危険すぎるのでトイレに行くのはやめてベッドでおしめにと判断され、母にはかわいそうだけど強制的におしめになりました。

ずっとどんなにしんどくてもトイレに行くことにこだわっていたので、そのせいもあってトイレに行きたくなると譫妄がはじまり興奮してしまいます。

3日の夜も夜中に何度も
「トイレに行きたい!行きたい! 早くっ早くっ早く!!」
と興奮してベッドからどうにかして起き上がろうとするので私が握手をするような格好で押さえ話しかけ続けましたが結局朝まで母と私の攻防は続き一睡もできませんでした。

4日の夜はその分、疲れたのか夜中の3時に一度首が痛いと起きましたがマッサージをしてあげるとすぐに寝て朝の8時半までぐっすりでした。
5日の昼は正気が戻って、なぜかろれつが回らなかったのに普通に聞き取れる話し方が出来、私と普通に会話ができました。
「千にばかり負担かけてごめんね。ごめんね。」
と謝ってばかりでしたが。。

担当の先生が「波がある中で娘さんと会話ができる機会を(神様が)与えてくれはったんやろうね」と。。

でも5日の夜中から明け方までまた譫妄がひどくなり、また寝られない。。
次の日(6日)はヘルパーさんが3時に帰り私が遅い昼食を食べ終えた後すぐからまた興奮しはじめ、普段は夜は譫妄が激しくても昼間は正気なことが多いのに2時間以上たっても治まらないので、看護師さんに電話をしたところ当直の先生が来てくれることになりました。

しかし、母がかかっている在宅ホスピスの診療所は2人の医師が全ての患者さんを診て当直までしているので、すごく忙しくすぐに対応できないこともあり、看護師さんに17時30分に電話をしましたが当直の先生から連絡があったのは19時前、そして家に着いたのが20時前でした。

先生の到着する少し前、4時間にも及ぶ母でない母との攻防に私が耐えられず、声をあげて泣いてしまったんです。
「わぁーっ!!お母さんごめんね。トイレには連れて行ってあげれへんねん」
と。。

すると、びっくりしたのか暴れていた母の動きが止まったんです。そして少ししてベッドの横で泣いている私の頭を頑張って手を伸ばしてなでてくれました。
「・・・ごめんね。」
とろれつがまわらないのでもごもご言いながらも”ごめんね”と言って頭をなでてくれました。

先生が到着した時には母はおとなしくなり正気に戻っていましたが、先生が暴れて疲れただろうし今夜ぐっすり寝られるようにと筋肉注射で落ち着く薬を注射してくださいました。
この時
「遠いところありがとうございました」
と母が先生に頑張って言っていたので完全に正気に戻っていたと思います。

ですが、先生が帰ってすぐ母は眠りに入りましたが夜中0時半にまた起きて興奮し始めたのです。
「夜中もしもまた興奮するようなことがあれば連絡ください」と先生に言われていたので電話をしたところ
「リスパダールを4mg与えてみて30分しても治まらなかったらまた連絡ください」
と指示されたのでその通りにしましたが一向に治まる気配がないので先生にまた電話をしたら夜中の2時に先生がきてくださりました。
今度は母が眠るまで点滴をして落ち着かせてくれました。

「本来なら8時の筋肉注射で朝まで寝られるはずが夜中に起き、しかも健康な人ならリスパダール2mgで朝までぐっすり寝られるのに4mgでも全然興奮が治まらない。
ここまで薬が効かず意識が混乱している状態は非常に危ない状態で早ければ2,3日、1~2週間といったところかもしれません。御兄弟や会わせたい人がいれば会わせてあげてください」

そう言われました。

「桜は見れないと思います」
そうドラマの台詞のような言葉を通院していた担当医から言われていたので覚悟はしていましたが、こんなに早く危険な状態になるとは思っていなくて、しかもついこの前まで普通に話せて、介助があれば自分で歩けていただけに動揺して泣いてばかりです。
母はまだちゃんと生きてくれているのに私が泣いてばかりいてはいけないのはわかっているのですがふとした瞬間に泣いてしまいます。
母の前では泣くまいと頑張ってはいますが涙が出てきてしまいます。

でもこんなのではいけませんね。
がんばります。
少しでも母が回復するように、床ずれなどで母が苦しまないように頑張ります。

頑張ります!!

福如雲

本日1月2日は書き初めの日であり私の30回目の誕生日でした。
私が思い描いていた30歳とはかけ離れていますが、それなりに成長して30歳になれたと思います。

20代最後の年は成長の年でした。
何にも代えがたい健康の大切さ。家族の温かさ。友人知人のあったかい気持ち、、たくさんのことに気付けました。
ブログを読んでコメントやメールをくださるみなさんの言葉にも温かい気持ちをたくさんいただきました。
自由な時間はほとんどありませんでしたが、とても貴重な時間を過ごせた29歳だったと思います。
30歳も感謝の気持ちを忘れずに日々成長していけたらなと思います。

さて、誕生日は私だけのことですが書き初めは全国同じですよね。みなさん書きました?
私は残念ながら書けなかったので一昨年に書いたものを・・・

福如雲


”福如雲”雲のごとく福がわき出るというおめでたい言葉。

みなさまにも我が家にもモクモクと雲のごとく福がわいてきますように・・・

あけましておめでとうございます

福助あけましておめでとうございます福助

2009年はたいへんなことだらけでしたが改めて周りの人たちの大きな支え、思いやりの気持ちを実感いたしました。

2010年も感謝の心を忘れず精一杯がんばっていこうと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。



脳転移の症状

脳転移の症状、、今まで嘔吐や頭痛、ふらつきのことをよく書いていましたが他にも症状が出ています。

まずは放射線治療の副作用なのか脳転移の症状なのかわかりませんが”物忘れ”。
そんなに頻繁というわけではありませんが同じことを何度も聞かれたりします。

あと、歩いている時にがくがくっと軽い痙攣のようなものが起き全く足が前に出ず動けなくなることがあります。前はまれだったのに最近は1日に1回は起きるようになってしまいました。
これはしばらく寄りかかって休憩すると大抵治りますがひどい時は支えられていても立っていられなくなり座り込んでしまいます。

あと、、譫妄(せんもう)。これは脳転移のせいか終末期の症状なのかわかりません。両方関係あるのかもしれません。

譫妄の詳しい説明はリンクで省略させてください。
譫妄の説明←クリック

痴呆に似た症状が出ますが痴呆のように徐々に…ではなく、ある日突然発症します。
いるはずのない第3者がいるように話をする症状もよくあることのようです。

「お兄ちゃんの友達が持ってきてくれた服は今着ないといけないの?今しんどいから後でいいかなぁ?」
とか(もちろん兄もその場にいないし、兄の友達なんて家に来たことありません)

「さっき頭の薬持ってきた人はどこ行ったん?」
とか(その日は先生も看護師さんも誰も来ていません)

夜、寝始めてしばらくするとおもむろに起きて上のようなことを話すので最初は寝ボケているのだと思っていたのですが、それが毎日のように続くし、いないはずの第3者の存在が気持ち悪く思えて友達(看護師)に相談したら脳にある腫瘍のせいだろうと教えてもらいました。

緩和ケアで来ていただいている看護師さんに相談したところ、

「今は寝ボケているのかなくらいの程度ですんでいるならいいけど、ひどくなって動き始めたり暴力をふるい出したら夜中でも電話してきてください。朝まで一人で対応するのはしんどすぎるから。」

と言われました。

「でも一人で歩けないし大丈夫だと思います」って言ったところ

「それがね、上がらない腕が突然上がったり、一人で歩けないおばあちゃんが”お財布がない”って言いながらふらふらと一人で歩いて家中お財布を捜しまわったりすること起きたりするのよ。普段出せない力がなぜか出せてしまうみたい」
と教えていただきました。
そんなふうになってしまうのでしょうか。。

あと、感情失禁というのもよくある症状の一つのようです。
母も毎日泣いています。

脳というのは身体的能力も感情も、人間が生きる全てをコントロールする器官なのですね。症状も様々のようです。




ホットパックの作り方

毎日寒いですねぇ。

今日はホットパックの作り方です。
うちは温熱療法に家庭用の温熱機を奮発して買ったのですが、せっかく高いお金を払って買ったにも関わらずホットパックを使うことが多いです。
そんな便利なホットパックの作り方。

<<用意するもの>>
・タオル 2枚
・ビニール袋

<<作り方>>
 タオル1枚を水に濡らして絞る
 ビニール袋にのタオルを入れて電子レンジ500Wで2分温める(この時ビニール袋の口は開けておく)    
 温まったタオルはとっても熱いので直接持たず乾いたタオルでとる

乾いたタオルでつかんで激熱タオル入り袋を服の上からあててリンパマッサージをすると流れがよくなります。
肩こりにはこの激熱タオル入り袋を乾いたタオルでくるんで直接肩にあてます。

寒い日が続きますが体をあっためて血のめぐりを良くしましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。