Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

吉野旅行2

観光をした後は旅館「さこや」へ!!

政財界の著名人が沢山泊まった旅館で敷地内に源義経と静御前が最後に別れた地があったりする。
ロビーから2階へあがる階段の踊り場には伊藤博文からのヨーロッパ土産の絨毯が飾ってあったのでパチリ

sakoya-juutan

そして案内されたお部屋は・・・

sakoya-heya

15帖の和室に8帖ほどのテラスリビング。
そして客室付き露天風呂!

kyakushituroten

この露天風呂からの眺めもこの通り

rotenkeshiki

では、早速この露天風呂に・・・と思っていたのですが、確かこの旅館には貸切露天風呂というのもあったはず。そっちの方にも入りたいなぁと思って聞いてみたところ「ちょっと待っててくださいね」と一旦仲居さんが退出。その後戻ってきたときに
「今日は女性のお客様は○○様だけですので大浴場を貸切にすることもできますがいかがですか?」
と!!もちろんお言葉に甘えさせていただいて貸切で入らせていただきました。

泊まりの女性客は私たちだけでも、ここは日帰りで入浴だけも可能の旅館。オフシーズンということもあるのでしょうけど私たちに配慮していただき時間制限なく貸切で入らせていただきました。

その大浴場の露天風呂は・・・

roteburo

こんな感じです。いい感じでしょ?
二つ湯船があるんですけど見えますか?せっかくなので両方入って、内風呂も入って3つの湯船を楽しみました。
カメラ持ってお風呂に入れるのも貸切だから。さすがに誰か入ってるのにカメラ持ってたらただの痴漢ですからね(笑)。

入浴は結構体力を使うもの。母は病気になってからずっとシャワーで済ませていたので久しぶりの入浴。私も術後初めて湯船につかりました。なんせ、母と一緒に温泉に入るために私の主治医に
「一週間後の旅行で母と一緒に温泉に入れるように手術してください」
と無茶なお願いをしてました。先生もそれに合わせて手術してくださり術後も順調だったため無事入浴。
二人とも長風呂はできない身体故にあっさりとした入浴でしたが気持ちよかったです

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。